いまは写せても、過去は写せない。
―劣化が進む写真フィルムの保存と活用を


写真は発明以来、その卓越した描写力で、歴史的・文化的に重要な事象を数多く記録してきました。
しかし、現在我が国では、敗戦直後の日本社会などを撮影した写真家の多くは物故し、遺された写真フィルム(写真原板)は、劣化と散逸の危機に瀕しています。
「日本写真保存センター」では、貴重な記録の消失を防ぎ、後世に伝えるため写真フィルムの収集・保存・アーカイブ化を行っています。ぜひ、ご支援ご協力をお願いいたします。