データベース化

写真原板の活用には、アーカイブ情報のデジタルデータベース化が欠かせません。日本写真保存センターでは写真原板の情報を、「写真家」「ホルダー」「コマ(ひとつひとつの画像)」の3種類の基本的なテーブルに分けて登録し、それらのテーブルを連結したデジタルデータベースで情報の管理をしています。

写真原板の特性

写真原板の資料としての大きな特徴は、当初の予想以上に「数量が膨大、かつ階層が複雑で、写真家ごとに保存の形が異なるため、最小単位を決めにくい、多様な形の資料群である」ことでした。
写真家が生涯で撮影する写真原板は、通常、フィルムホルダー(フィルムカバー)では、約1万本、個々のコマ画像で36万コマ以上あり、仮に2千人以上の写真家の原板を収集すれば、ホルダー数で2千万本以上、コマ数で7億2千万コマ以上という膨大な数量となります。
こういった「写真原板」の整理・管理のため、センターでは「写真家」を基本とし、「フィルムホルダー」を基本単位とすることとしました。

写真原板データベースの構造

写真原板データベースでは、基本単位は、「ホルダー(135フィルムの場合、1本36コマ分)」とすることにしましたが、個々のコマの詳細な情報など、ホルダーだけでは登録しきれない情報も「写真原板」には常に存在します。
そのため、センターでは「写真家」、や「コマ」にも番号を与え、「写真家」、「ホルダー」、「コマ」の台帳を作っています。
そして、写真家名やホルダーを手がかりに、確実に「所在を確認」でき、個々の画像コマを検索できることをめざして、「写真家」、「ホルダー」、「コマ」のデータベースを連結し、検索が可能となるようにしました。
また、コマごとにもコマ番号をつけて、確実にコマ画像を検索できるようにしています。

写真原板データベースで入力する情報

写真原板データベースでは、登録する情報は大きく画像情報と文字情報に分けられます。

画像情報

写真原板のコンタクト、つまり密着焼きの画像は「写真原板」データベースの最も基本的な画像情報です。画像は現在、TIFF形式とJPEG形式のデジタルデータで、保存をしています。画質は、35mmネガの場合でもコマごとの画像をモニタ上である程度確認できるレベルを考えて800dpiで取得しています。
また、写真家によるメモなどの付随情報を記録するため、ネガホルダーの画像も同様にスキャニングで取得します。

文字情報

文字情報は、まず前述した「写真家番号」、「ホルダー番号」、「コマ番号」を与えます。次に、利用者が最初に求めることが多い、「誰が」、「いつ」、「どこで」、「何を」、撮影したものかの資料内容についての情報などと、保存・管理に必要な権利処理についての情報を、調査員がデータベースへ入力します。
これらの項目はデジタルデータベース上では、「個別の写真原板の撮影内容に関する情報」、「著作権についての権利情報」、などの意味ごとにまとめたテーブルに分けて管理をしています。

コンタクト(密着)画像について

日本写真保存センターでは、写真原板に写された画像全体を遺すため、プリントされたコマだけではなく、1つのホルダーに入れられていた写真原板(フィルム)のすべてをスキャニングしてコンタクト(密着)の状態で画像情報を取得しています。
コンタクトを基本とすることで、写真原板が撮影された順番や、写真家の意図だけでなく、写真原板に入れられた印やフィルムの種別なども記録することができます。コンタクト画像には、個々のコマが特定できるように、センターでつけたコマ番号も後でわかりやすいように入れてスキャニングをします。

このページのトップへ