写真原板アーカイブについて

写真原板アーカイブの必要性
炊き出しのおにぎりを持つ少年 撮影:山端庸介 1945年8月10日

1945年8月10日 山端庸介 炊き出しのおにぎりを持つ少年

写真プリントについてはわが国でも、美術館、研究機関などでアーカイブ化は徐々に行われるようになっていますが、写真原板についての系統だったアーカイブ化は、ほとんど行われていませんでした。
しかし、資料を十分に活用するためには、保存するだけではなく、資料情報を整理したアーカイブ化が必要です。
そこで当センターでは、収集・保存した写真原板を充分に利用するために、写真原板の特性に合わせたアーカイブ化をめざしました。

参考:2015年、小川千代子・菅真城(編著)、『アーカイブ基礎資料集』、大阪大学出版会

 

 

課題

日本全国で写真原板を所蔵している個人や団体は数多くありますが、残念ながらそれらの写真原板は十分に活用されているとはいえません。そこで日本写真保存センターでは、各地域の資料館、図書館、博物館、研究機関等と連携・情報の共有を行い、写真原板を広く利活用できるようにすることをめざしています。

 

写真原板データベース連携イメージ図

このページのトップへ