カテゴリー別アーカイブ: お知らせ / 告知

セミナーのお知らせや新たな出版物のお知らせなど

【写真展】【講演会】「後世に遺したい写真」 (10月25日~11月24日)

◆写真展「後世に遺したい写真」◆-写真が物語る日本の原風景-

日本写真保存センターでは、先人が遺した写真原板から、大正、昭和の大衆文化、戦争への足音、空襲、被爆から敗戦と過酷な体験を経て、復興、経済発展へと歩んできた、日本人の歴史を約100点の写真で構成し展示いたします。
今回の写真展では品川区ゆかりの写真家笹本恒子、若目田幸平、諸河久、品川歴史館所蔵の中村立行氏作品の展示も予定しています。わが国の文化財の記録、日本人の暮らしの記録を、貴重な写真で是非ご堪能ください。

また、10月27日(土)13時30分~15時には「残された写真から何を読み取るか」をテーマに天野太郎氏と松本徳彦氏が講演・解説いたします。
聴講には事前予約が必要です。

下記申込フォームおよびFAXにてお申し込みください。

◆写真展
会期:平成30年10月25日(木)~11月24日(土)
会場:光村グラフィック・ギャラリー(MGG)
住所:東京都品川区大崎1-15-9 光村印刷ビル1F
時間:11時~19時(平日)11時~17時(祝日・土曜日)
休館日:日曜日
入場料:無料

主催:公益社団法人日本写真家協会・日本写真保存センター
共催:光村印刷株式会社
後援:品川区、公益財団法人品川文化振興事業団
協力:一般社団法人日本写真著作権協会

本写真展は、しながわ文化プラグラムに参加しています。

作品解説:随時、会場内で写真家協会員が行います。

講演会「残された写真から何を読み取るか」

日時:平成30年10月27日(土)13時30分~15時
会場:光村グラフィック・ギャラリー
参加費:無料 (定員60名・事前申し込み)
講師:天野太郎氏(横浜市民ギャラリー主席学芸員)、松本徳彦氏(日本写真家協会副会長)
※下記申込みフォームおよびFAXで事前申込みが必要です。

写真展チラシ 講演会「残された写真から何を読み取るか」ご聴講 FAX申込用紙

講演会「残された写真から何を読み取るか」申込フォーム


一般写真家写真関係企業・団体報道・メディア関係美術館・博物館教育・研究 官公庁

【セミナー】 過去から未来へのメッセージ 「後世に遺したい写真」(3月4日)

日本写真保存センターでは、みなとみらいギャラリーで開催される写真展「後世に遺したい写真」 (3月1~4日 みなとみらいギャラリー)に合わせて、写真評論家:飯沢耕太郎氏と写真家:松本徳彦氏が、展示作品を、時代背景や、写真が語るメッセージを分かりやすく解説するセミナーを開催いたします。ご参加者の写真を将来に遺すための技術的なヒントについても、楽しく語って頂きます。19世紀に発明された写真術は20世紀に入り飛躍的に発展し様々な記録を残しました。

日時:2018年3月4日(日)13:00~14:30
場所: パシフィコ横浜会議センター303 / 定員:220名
出演者: 飯沢 耕太郎(写真評論家)松本 徳彦(写真家・日本写真家協会副会長)
公益社団法人日本写真家協会(JPS)

ご参加には、以下イベントページからの登録が必要です。

松本 徳彦

飯沢 耕太郎

 

 

 

 

 

 

 

リンク:【CP+2018】
http://www.cpplus.jp/

リンク:【CP+2018 イベント・セミナー3/4 】
http://www.cpplus.jp/visitor/event.html?genre#day4

【写真展】「後世に遺したい写真」日本写真保存センター写真展 (3月1~4日)

 

日本写真保存センターが収集保存している約30万点の写真原板から1920~1970年代に撮影された作品を選び抜き、約100点をプリントしました。名取洋之助・木村伊兵衛・渡辺義雄から現代までのドキュメンタリー写真、わが国の文化財の記録、日本人の暮らしの記録を、貴重な写真で是非ご堪能ください。

写真展:「後世に遺したい写真」「日本写真保存センター」写真展
開催日時:2018年3月1日(木)~4日(日)
開催場所:みなとみらいギャラリー
主催:公益社団法人日本写真家協会 日本写真保存センター

リンク:【CP+2018】
http://www.cpplus.jp/

page2018オープンイベント日本写真保存センター セミナー -劣化したフィルムへの対策- 開催のお知らせ(2月7日)

【セミナー】page2018オープンイベントでセミナーを開催します

終了しました

日本写真保存センターでは、「あなたのフィルムは大丈夫ですか!」をキーワードに「page2018」 オープンイベントの日本写真保存センターセミナー「劣化したフィルムへの対策」を2018年2月7日(水)に池袋サンシャインシティー文化会館7階で開催致します。

今回は、「遥かなる遠山郷」の作者である塚原琢哉氏より、60年前の劣化した写真原板から画像を復元させた、「南アルプス下栗の里で昭和30年代に撮影された山村の生活記録」についてお話を伺います。また後半で「日本写真保存センターの保存作業紹介」として、実際に当センターで行っている保存作業を紹介します。また、包材メーカーの協力により長期保存のための包材を実際に手に取ってみていただけるかたちで展示いたします。ぜひご参加ください。

高温多湿な日本の気候はフィルムを長期保存するにはとても厳しい環境です。そのような環境にフィルムを長い間しまっておくと、フィルムから酸っぱいにおいがでてくる。これが「ビネガーシンドローム」という劣化が始まった合図だ。劣化の初期症状はにおいだけですが、劣化が進むとフィルムが丸まったり、ぼろぼろになったりして二度と画像を見ることができなくなります。そのため、当センターでは歴史的・文化的な出来事を記録したフィルムが劣化・散逸する危機を防ぐ為に写真原板(フィルム・乾板等)を収集し、長期保存に適した包材に入替え、低温低湿の収蔵庫へ収めています。

日時:2018年2月7日(水)13:30~16:30 (開場 13:00)
場所:池袋サンシャインシティー文化会館7階710号室
定員:80名(事前登録制)

1:「劣化した写真原板に対して作家としての解決例」(仮題)
講師:塚原琢哉(写真家)

2:「日本写真保存センターの保存作業紹介」
講師:笛木諭(日本写真保存センター調査員)

3:「保存に適した包材のデモンストレーション
出展予定企業:㈱コスモスインターナショナル、㈱資料保存器材、
㈱TTトレーディング(旧社名 特種紙商亊㈱)、 PGI、ラ―ソン・ジュール・ニッポン㈱

参加を希望される方は、下記フォームより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

イベントは終了しました

写真原板データベースを更新しました

日本写真保存センターが公開している「写真原板データベース」に、吉岡専造、渡辺義雄、旧内閣情報部(局)写真協会、緑川洋一、野水正朔、岩宮武二、高井潔ら、7名により撮影された約1,100点の写真原板画像を追加しました。公開原板数は、計4,800点を超えました。
日本各地の風景や風俗が色濃く写し取られた写真原板画像をどうぞご覧ください。

写真原板データベースを閲覧する

写真原板データベース 目録

保存セミナー大阪開催のお知らせ(10月20日)

【セミナー】写真保存センターセミナー・大阪
「写真フィルムを長期保存するには…講演と包材のデモンストレーション」

皆さまが撮られてきた数多くの写真フィルムが、知らぬ間に劣化が進み使用できないまでにダメージを受けていることをご存知ですか。
「日本写真保存センター」では2007年から、文化庁の委嘱を受けて「写真フィルムの保存・活用」と「文化関係資料のアーカイブの構築」に関する調査研究を行っています。これまで最も一般的に使われてきたTAC(トリアセテートセルロース)フィルムの劣化現象のひとつに、ビネガーシンドロームと呼ばれるフィルムベースの加水分解による劣化があります。フィルムは高温、高湿度の環境に長く置かれたままだと約10年で劣化が起こり、使用できなくなります。対策としては、低温、低湿度の場所に移して、フィルムが納まっている包材を中性紙のものに交換する必要があります。
本セミナーでは、講師に保存科学の専門家、園田直子氏をお迎えし、写真原板の適切な保存についてご説明頂き、合わせて写真保存センターの実践状況をご紹介致します。また、展示では包材を実際に手に取ってご覧いただけます。関西での初めての機会、ぜひご参加ください。

☆終了しました
日時:2017年10月20日(金) 14:00~16:30(13:30より受付)

場所:メットライフ本町スクエア(地図を表示)(旧大阪丸紅ビル) B1会議室
大阪市中央区本町2-5-7<富士フイルムフォトサロン大阪の地下会議室です>

定員:80名(申込先着順、満席の場合のみご連絡します。)
参加費:無料

申込先:Faxまたはe-mailで、日本写真家協会事務局まで
Fax: 03-3265-7460
email : info@jps.gr.jp

emailでお申し込みの際は「日本写真保存センター大阪セミナー申込」と題し、氏名、ご連絡先、ご所属(任意)、をご記入の上ご送信ください。

 

参考:page2017 展示風景

参考:page2017 展示風景

プログラム

基調講演「写真・映像資料の保存―国立民族学博物館での取り組み」
園田直子(国立民族学博物館教授)

日本写真保存センターについて
松本徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)

日本写真保存センターの保存対策
中川裕美(日本写真保存センター調査員)

包材の展示(随時)
参加会社:㈱コスモスインターナショナル、㈱資料保存器材、㈱TTトレーディング、PGI、
ラーソン・ジュール・ニッポン㈱  ※50音順

講師紹介

園田直子 (大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館教授)
専門は保存科学。国立民族学博物館において、博物館における持続可能な資料管理を目指し、総合的有害生物管理 (IPM)、資料の展示・ 保存環境、収蔵庫の再編成などに関する研究に取り組む。 編著書に、New Horizons for Asian Museums and Museology, Springer Singapore(2016年)、『紙と本の保存科学(第2版)』 岩田書院(2010年)、『博物館への挑戦――何がどこまでできたのか』日髙真吾と共編 三好企画(2008年)などがある。

協力会社紹介

株式会社 コスモスインターナショナル
1980年創業時にポジフィルム整理用品を開発・販売、その後、長期保存整理用品の輸入・製造・販売を行う。1990年に法人化、写真整理業務を開始、現在は貴重な写真作品のオリジナル保存およびデジタル化を進めています。保存用品のPRINTFILE社、UNIVERSITY社、アルバムのBREWER-CANTELMO社、PINAZANGARO社からの輸入を継続しています。
東京都目黒区下目黒3-1-22 03-3494-8621 niiyama@cosmosint.co.jp
担当:新山洋一

株式会社 資料保存器材
長期間保存し活用していく資料を、できるかぎり良い状態で維持するためのアーカイバル容器のオーダーメイドでの製造販売と、紙媒体記録資料(図書/雑誌/新聞/地図/図面など)のニーズに応じての充分かつ適切な処置を心がけたコンサベーション(修理)を行なっております。また、日本で唯一の物理的にも科学的にも資料に安全なガス吸着材『GasQ』を製造販売しております。GasQは大気中の、または資料そのものから発生するガス(酢酸やアンモニア)を吸着し離しません。
東京都文京区本駒込2-27-16 03-5976-5461 abe@hozon.co.jp
担当:阿部祐貴

株式会社TTトレーディング
―貴重な資料を未来へ― 国産(特種東海製紙株式会社製造)の保存・保護用用紙と用品類を製造・販売しています。これらの製品は、厳密な工程管理のもと、中性~弱アルカリに仕立てています。貴重な資料や作品をさまざまな外部劣化要因(光やホコリ、大気汚染物質、温湿度の変化etc.)からまもるため、博物館をはじめとして、美術館、図書館、公文書館などでご採用をいただいております。
東京都中央区八重洲2-4-1ユニゾ八重洲ビル6階
03-3273-8516 shop-tp@m.tt-paper.co.jp
担当:久保木良彰 秋田若登

PGI (株式会社TKB)
1979年に写真作品を販売する商業ギャラリーとして設立。ブックマットによる保存額装の必要性と合理性を提案し、コットンラグで作られた無酸性マットボードや、低反射ガラス、保存箱などを輸入販売。多くの美術館コレクションのマッティングや額装を手がける。豊富な経験を活かし小ロットからの特注製品の提供など、美術館、写真家、コレクターの様々なニーズにお応えできるよう努めています。
東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F 03-5114-7935 info@pgi.ac
担当:西丸雅之

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社
グループ内に英国のコンサベーション・バイ・デザイン社、フランスのストゥルズ社という永年保存・修復・展示に関する商品を製造販売する会社を持ち、大英博物館、大英図書館、ルーブル美術館、日本国内では国立国会図書館、東京国立博物館などでご採用頂いております。各国の保存・修復専門家の研究と永年の経験を基に、高品質で安全な材料で中性紙保存箱等の保存用品を少量・短期間・経済的な価格でご提供しております。
東京都港区高輪3-4-1 03-5421-2061 info_cxd@larson-juhl.co.jp
担当:コンサベーション・バイ・デザイン(CXD)事業部 松田香世

平成28年度文化庁「文化関係資料のアーカイブの構築に関する調査研究」報告書をアップロード致しました

「文化関係資料のアーカイブの構築に関する調査研究」を、資料ダウンロードページに追加いたしました。
平成28年度の調査研究実績について詳しくご覧いただけます。
以下、資料ダウンロードページよりご覧ください。

資料ダウンロード

page2017オープンイベント セミナー開催のお知らせ(2月8日)

【セミナー】page2017オープンイベント 時代を記録した写真原板に光を! ―眠っていた写真原板を目覚めさせ、活用しよう―

終了しました。

いま、日々の暮らしや歴史的な出来事を撮影、記録したフィルム(写真原板)が劣化と散逸の危機に瀕しています。特に撮影者が物故されると、フィルムの保存は遺族にとって大変な重荷になっています。遺族のフィルムの保存状況をみると多くが常温のまま部屋の片隅に整理されないまま放置されていますが、わが国の高温多湿という気象条件は、フィルムの保存には適していません。郷土資料館や文書館などに寄贈されたフィルムも同様で、利活用されないまま眠っていることが多くあります。
日本写真保存センターでは、こうした眠っているフィルムを探し出して収集・保存し、歴史的・文化的な価値を有する写真画像を利用するにはどうすればよいか、を調査研究しています。
本セミナーでは、センターの研究成果を紹介し、写真原板の活用について考察します。また、会場では、資料保存関係各社のブースで、フィルムを長期保存するための包材(保存容器)を展示し、ご説明いたします。時代を記録した画像を甦らせ活用するために。この機会にぜひご参加ください。

日時:2017年2月8日(水)13:30~16:30page2016セミナーの様子
会場:池袋サンシャインシティー文化会館7階
1 :「日本写真保存センターの役割
講師:松本徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)
2 :「写真原板の適切な保存
講師:中川裕美(日本写真保存センター調査員)
3 :「写真原板のデータベース
講師:河原健一郎(日本写真保存センター調査員)
4 :「写真原板データベースの価値について」(仮題)
講師:丸川雄三(国立民族学博物館先端人類科学研究部准教授、 日本写真保存センター諮問調査委員)
5 :「保存に適した包材のデモンストレーション
㈱コスモスインターナショナル、㈱資料保存器材、 ㈱TTトレーディング(旧社名 特種紙商亊㈱)、 PGI、ラ―ソン・ジュール・ニッポン㈱ ※50音順
定 員:100名(申込み順・定員に達した場合はご連絡します) 参 加 費:無料
申込先:FAXまたはe-mailで日本写真家協会事務局まで

申込期限:2017年1月31日(火)

終了しました