収蔵までの流れ

写真原板が収蔵されるまで

日本写真保存センターでは、以下のように写真原板の受け入れから収蔵までを行っています。
1訪問調査>2契約と収集>3 初期調査> 4 保存処置> 5 デジタル化> 6 収蔵 

1 訪問調査

現況調査では写真家やご遺族のもとへうかがい、保管状況や劣化状態を確認します。次に、写真原板の今後の処遇について所有者とご相談の上で、写真原板の収集基準を満たしているものであれば、受け入れを行います。

現地調査

 

2 契約と収集

契約には「寄贈」と「寄託」の二種類があります。この契約では保存とデータベース作成に必要な権利についての契約を交わします。収集した資料は調査・作業のため、日本写真保存センター作業室へ送られます。

3 初期調査

まず全体の状態を把握するため初期調査を行います。初期調査では、写真原板の内容と詳細な数量、劣化の状態を確認します。この時にA-Dストリップという試験片でビネガーシンドロームの進行度の調査をします。ビネガーシンドロームは酢酸臭を伴う劣化の総称ですが、臭いだけでは劣化の進行度が判らないためです。

受入れ状態
A-Dストリップ一式
ビネガーシンドロームの進んだ原板

4 保存処置

初期調査の結果を元に、劣化の著しい原板を隔離します。これは、激しい劣化を起こした原板は、他の原板に悪影響を与える恐れがあるためです。劣化が進んでいない写真原板は、ドライクリーニング(ブロアでのゴミとり、乾いた布でぬぐう、など)の後、中性紙製の新しい包材へ交換をします。

収納状況
新たな包材への入れ替え

5 デジタル化

写真原板(フィルム)のコンタクト画像をスキャンします。包材(ネガカバー)に書かれているメモ等も、記録のためにスキャンします。撮影者や写真原板に関する文字情報をデータべースに入力します。

原板スキャン
メタデータおよびスキャン画像

6 収蔵

収蔵する際、再度ビネガーシンドロームの進行度の確認を行います。
進行度を確認後、劣化が進んでいないことを確認したものは東京国立近代美術館フィルムセンター相模原分館フィルム収蔵庫 (室温10℃ 相対湿度40%)へ収蔵します。

相模原フィルムセンター
相模原フィルムセンター収蔵庫

このページのトップへ