月別アーカイブ: 2018年9月

【写真展】【講演会】「後世に遺したい写真」 (10月25日~11月24日)

◆写真展「後世に遺したい写真」◆-写真が物語る日本の原風景-

日本写真保存センターでは、先人が遺した写真原板から、大正、昭和の大衆文化、戦争への足音、空襲、被爆から敗戦と過酷な体験を経て、復興、経済発展へと歩んできた、日本人の歴史を約100点の写真で構成し展示いたします。
今回の写真展では品川区ゆかりの写真家笹本恒子、若目田幸平、諸河久、品川歴史館所蔵の中村立行氏作品の展示も予定しています。わが国の文化財の記録、日本人の暮らしの記録を、貴重な写真で是非ご堪能ください。

また、10月27日(土)13時30分~15時には「残された写真から何を読み取るか」をテーマに天野太郎氏と松本徳彦氏が講演・解説いたします。
聴講には事前予約が必要です。

下記申込フォームおよびFAXにてお申し込みください。

◆写真展
会期:平成30年10月25日(木)~11月24日(土)
会場:光村グラフィック・ギャラリー(MGG)
住所:東京都品川区大崎1-15-9 光村印刷ビル1F
時間:11時~19時(平日)11時~17時(祝日・土曜日)
休館日:日曜日
入場料:無料

主催:公益社団法人日本写真家協会・日本写真保存センター
共催:光村印刷株式会社
後援:品川区、公益財団法人品川文化振興事業団
協力:一般社団法人日本写真著作権協会

本写真展は、しながわ文化プラグラムに参加しています。

作品解説:随時、会場内で写真家協会員が行います。

講演会「残された写真から何を読み取るか」

日時:平成30年10月27日(土)13時30分~15時
会場:光村グラフィック・ギャラリー
参加費:無料 (定員60名・事前申し込み)
講師:天野太郎氏(横浜市民ギャラリー主席学芸員)、松本徳彦氏(日本写真家協会副会長)
※下記申込みフォームおよびFAXで事前申込みが必要です。

写真展チラシ 講演会「残された写真から何を読み取るか」ご聴講 FAX申込用紙

講演会「残された写真から何を読み取るか」申込フォーム


一般写真家写真関係企業・団体報道・メディア関係美術館・博物館教育・研究 官公庁